三種の神器

少し前から、マリサに行く際には
ラップとボンドを持参しています。
ラップは仕上がらなかった作品の乾燥を防ぐため。
ボンドは仕上がった作品をケースに固定するため。

ラップもボンドもマリサに用意されていますが
ラップは直径20㎝はあろう巨大なロールで
箱やカッターは付いておらず
先生の手を借りないと切り出せないし
今一つくっつきもよくない。
ボンドも業務用の大きなものが置いてありますが
速乾性がないため
ケースの中央に貼り付けたはずの作品が
あちこちまわってホテルに戻ると
ケースの端に寄ってくっついてしまい
何度もショックを受けました。
なので、どちらも優れた日本製を持参しているのです。

その他、マリサが入っている建物のトイレには
ペーパーの用意がないので
ホテルの部屋を出る際
少なくなったロールをホルダーから外し、持参しています。
辛いものを沢山食べるせいか、タイではお腹が緩くなりがち。
ティッシュでは心許ないけど
トイレットペーパーがあれば安心ってわけです。

カービングナイフはもちろんだけど
ラップとボンドとトイレットペーパーは
私にとってマリサに行く際の三種の神器ってところです。

CCSilk1108.jpg
                  MALISA design
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply