小籠包

台北通の方は
蒸籠に入った小籠包の写真を見ただけで
そのお店の名前が当てられるそうです。
台北に5度通っても、私はその域にはほど遠く
それどころかまだ小籠包の名店全部を食べ歩けていません。
でも、自分の好みがだいぶわかってきました。

単純だけど
今のところ私が小籠包を評価する上での一番のポイントは
とにかくアツアツであること。
湯気モクモクで運ばれ、口の中が火傷するほど熱い小籠包は
どのお店のものでもそれだけで超美味しい。
それに比して、どんな名店の小籠包でも
ちょっとでも冷めていたら美味しさ激減。
皮が厚いとか薄いとか
お味が濃厚とかあっさりとかより
蒸し立てアツアツが何より一番美味しいです。

私ももっと台北に通い詰め
もっともっと色んなお店の色んな小籠包を味わったら
評価のポイントが変わるのかも。
日本でも
あのアツアツジューシーな小籠包が食べられるとよいのになぁ。

CCSilk1105.jpg
                  MALISA design
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply