Sunday brunch

マリサに行った翌日は
今回の旅行の目玉、“サンデーブランチ”。
バンコクのフォーシーズンズホテルでは、毎週日曜日に
シャンパン&ビュッフェ料理のブランチが用意されており
「何週間も前から予約しなければ」というくらい人気が高いらしく
私たちも日本から予約をして楽しみにしていました。

前評判どおり、ビュッフェの内容は充実で
キャビア、フォアグラ、ロブスター、北京ダックなど
普段お目に掛かれない高級食材がズラリ。
ウエスタン、イタリアン、チャイニーズ、インディアン
ターキッシュ、タイ、それにジャパニーズと
それぞれ小さなコーナーに分かれて調理をしてくれ
オープンキッチンでは
お肉やお魚を好みの焼き加減&ソースで焼いてくれました。

飲み物は、シャンパン(本当はスパークリングワイン)の他
赤・白・ロゼのワインと、それらを使ったカクテル
それにフレッシュジュースがみんな飲み放題。
シャンパングラスをテーブルに置いておくと
どんどん注ぎ足してくれるので
自分が何杯飲んだかカウントするのは難しく
一人でボトル2本くらいは飲んでしまった気がします。

☆デザートもかなり充実。ホールケーキだけでたぶん8種類。
IMG_0756s.jpg  IMG_0772s.jpg

IMG_0760s.jpg  IMG_0758s.jpg

普段から美味しいもの、高級なものに慣れている人は
こういう場でも理性を働かせ
抑制して食べることが出来るのかもしれません。
でも、我が家、というか私は完全に舞い上がり
後先考えずに食べたいものから次々食べていたら
あっという間にお腹いっぱい。
それでも折角だからと、ちょっとずつ摘みながら
周りを観察していましたが
単価の高い生牡蠣やお鮨だけを繰り返し食べる西洋人や
山盛りのロブスターの後に
フォアグラのステーキだけを何皿も食べ続ける強者もいて
「さすが、心得ているな」と感心しました。

ちなみに、サンデーブランチのお値段は約2500BTです。
お値段は若干お高めですが
昼からシャンパンを飲んでご機嫌でした。
でも、飲み過ぎ&食べ過ぎから食後かなり苦しかったので
次はもうよいかな。

☆きれいなタイの伝統菓子たちですが、人気ゼロ。
 私一人で食べていました。
IMG_0762b.jpg

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply