ご愛嬌

マリサのレッスンを終えた後は
マリサから歩いて5分ほどのところにある
ランドマークホテル内の “グリーンハウス” でお昼を食べました。
道路に面したテラス席では
西洋人が不安定なラッパ形のグラスで生ビールを飲み
さながらカフェといった雰囲気ですが
ここは中華系のタイ料理のメニューが豊富、かつ評判で
店内はいつもタイの人たちで賑わっています。

マリサのレッスンを終えてここに来る理由は
近いこと、美味しい料理が食べられることに加え
ホテルの中ゆえトイレが清潔だから。
でも、グリーンハウスがあるフロアのトイレは
個室のドアを押して開けると
ドアが便座にぶつかり45度くらいしか開かず
そこを横向きになって入ろうとすると
今度はペーパーホルダーが腰にぶつかるので
仰け反らなければなりません。
さらに、荷物を持った手は肩の高さまで上げなければならず
ドアを閉めるまで一苦労。
なんでもっと考えて作らなかったのか・・・。

奥行きのある個室に腰掛けたら
ペーパーホルダーまで手が届かなかった、など
タイでは時々おもしろいトイレに出合います。
トイレを作ったタイの人たちのご愛嬌でしょうかねぇ。

CCSilk1031.jpg
                  MALISA design
スポンサーサイト
2010-10-29 : practice : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

そうそう。
ヨーロッパのトイレも、思わず『まあ!』と言っちゃうトイレが多いですよね。
パリオペラ座のトイレットペーパーは、色も手触りも、正にワラ半紙(今時お目にかかれないですよね)のようでした。
優雅なオペラ座なのにと、びっくりしてがっかり しました。
座る便座のないトイレに出会ったこともあります。
2010-10-31 09:06 : すまいるぱんだ URL : 編集
いつか
タイのトイレもまだまだまだまだってところが多いのだけど
ホテルのような近代的な建物でも
「なんでそんな設計ミスしちゃったのかな?」
って不思議に思うトイレが結構あるの。
でも、タイってそれでも許せちゃう国なんだ。
いつかすまいるぱんだちゃんのことも案内できるとよいな。
2010-11-01 22:34 : 繭玉 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Ikuko NAKAMURA

Author:Ikuko NAKAMURA
* * * * *
東京・目黒区自由が丘と
世田谷区尾山台にて
小さなカービング教室
*Atelier Capricorne*
(アトリエ カプリコルヌ)を
主宰しています。
どうぞよろしく
お願いいたします。

* * * * *
フルーツ&ソープカービングの
レッスンにつきましては
ホームページをご覧下さい。
     ↓
*Atelier Capricorne*

* * * * *
ブログランキングに
参加しています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カービングへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソープカービングへ
にほんブログ村

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード