体験講座のご案内

これまでのソープカービングの講座に加え
10月から新たな講座を開設するにあたり
9月18日(土)15時30分から
ヨークカルチャーセンター大宮にて、無料体験講習会を開きます。
 
       ☆ ☆ ☆

カービングはタイの美しい伝統工芸。
日本ではこれまではあまり知られてきませんでしたが
ここ最近、テレビや新聞などでたびたび取り上げられ
徐々に広まりつつあるようです。

石けんにナイフ1本で繊細な模様を彫り上げるソープカービングは
専用のナイフの扱いにさえ慣れてしまえば
思いのほか簡単に細かい作品が作れるようになります。
お近くにカービングに興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら
ぜひぜひ体験講座に足をお運びください。

 写真1

*新講座および体験講座の詳細につきましては
 ヨークカルチャーセンター大宮にお問い合わせくださいますよう
 お願いいたします。

スポンサーサイト
2010-08-31 : my favorite : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3つの言語

ゆったりと時が流れるブルージュに後ろ髪を引かれつつ
旅行5日目の夕刻、ブリュッセルに移動しました。

ブルージュからブリュッセルまでは急行で1時間。
往路、ブリュッセル駅にてブルージュ行きのチケットを買った時は
チケットはフランス語で表記されていたのに
復路、ブルージュ駅でブリュッセル行きのチケットを買ったら
オランダ語表記のチケットを渡され、ちょっと驚きました。

ベルギーは、地方によって
オランダ語圏、フランス語圏、ドイツ語圏に分かれており
ブルージュがオランダ語を公用語としているのに対し
ブリュッセルはオランダ語とフランス語両方が公用語。
それゆえ、発券する場所によって
電車のチケットも言語表記が異なるのでしょうが
旅行者の私たちにはすぐに理由が飲み込めず
後から2枚のチケットを見比べて
「そっか、そうなんだぁ」と理解しました。

ブルージュでもブリュッセルでも
どのレストランのメニューも
オランダ語、フランス語、英語、3つの言語が併記されていました。
オランダ語もフランス語もわからない私たちは
旅行中なんの不便も感じませんでしたが
1つの国に3つの公用語があるというのは
ベルギーに暮らす人たちに不便や戸惑いはないのでしょうかねぇ。
旅行を終えた今も、何とも不思議な気がしています。

CCSilk1024.jpg
                  MALISA design
2010-08-29 : practice : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ひと休み

ブログに旅行記を綴ろうと思うし
カルチャースクールに展示する作品を
もっとペースを上げて仕上げなければと思うのに
今週はずっと頭が痛くて、何事も捗りませんでした。
旅行から帰ってはや10日。
疲れもすっかり取れたはずなのにな。

実は、半年くらい前
首がヘンに重く、気になって何日も首をぐるぐる回していたら
突然首が動かなくなってしまい
夜間救急外来にかけ込んだことがありました。
この時、医者から
「人より若干首が長く、肩が凝りやすい骨格ゆえ
首が回らなくなってしまったのでは」と診断されたので
「カービングのし過ぎはよくないな」と思ってきました。

昨日になって
「今週ずっと頭が痛いのも、もしや肩凝りが原因では」と思い
今日1日カービングをせずに過ごしたところ
案の定、頭痛は現れず、ようやくスッキリ。

これで明日からまたカービングに励めそう~。

CCSilk1023.jpg
                 MALISA design
2010-08-27 : practice : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

chocolatier

水の都ブルージュは、チョコレートの街とも言われており
王室御用達の有名店から、地元に愛される小さなお店まで
街の至るところにショコラティエがあります。

せっかくブルージュに来たのだから
ここでしか買えないお気に入りのショコラティエを見つけ
お土産に買って帰ろうと
ブルージュに着いて最初のうちは
ショコラティエを見つける度にお店の中を物色しましたが
どこもみな可愛いし、とにかくお店の数が多い・・・。

ブルージュ滞在中
結局20軒以上のショコラティエを見てまわりました。
チョコと同時に、お値段のチェックも欠かしませんでしたが
どこも手頃で、日本の半分から1/3、もっと安いかな、といった印象。
にもかかわらず、ベルギーの人たちは
1世帯あたり年間4万円ものチョコを消費するのだとか。

ベルギーでは、ランチの後にもディナーの後にも
さらには寝る前にもチョコを楽しむのだそう。
そういえば、私たちが滞在したホテルの朝食にも
Cote d'Or の小さな板チョコが並んでおり
「朝からチョコを食べるのかなぁ」と首を傾げていましたが
毎晩枕の上にも Galler のチョコを置いてくれていました。
チョコレートはベルギーの食文化の象徴といったところでしょうが
そんなにたくさんチョコを食べて
ベルギーの人って、体型とか虫歯とか、大丈夫なのかな。

☆迷った末に私が選んだのは DUMON という小さなショコラティエ
IMG_0202.jpg

         ☆私が買ったホタテ貝(かな?)
          キャラメル味のチョコで作られた貝の口を開けると
          タツノオトシゴやアサリなど5つの形のプラリンが
          10粒入っていました
          旅行の途中で割れちゃったけど・・・
         IMG_0156S.jpg
  ☆ショーウインドウにはムール貝も飾られていましたが
   今ひとつかわいくない・・・
  IMG_0157S.jpg
         ☆ヒトデが一番オシャレだったかな
         IMG_0158S.jpg

2010-08-26 : the other : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

オステンド

ブルージュ滞在中
ベルギー屈指のリゾート地、オステンドという港町に
ショートトリップしました。

ブルージュからオステンドまでは、急行でわずか15分。
駅を出るとすぐ目の前には何十艘ものヨットが停まり
潮の香りが漂う道路を歩いて行くと
10分ほどで北海を臨むビーチに着きます。

ヨーロッパの港町というからには
真っ青な海のオシャレなリゾートをイメージしていましたが
オステンドの青色に茶色を混ぜたような海の色と
小さな子ども連れのファミリーで賑わう砂浜の光景は
オシャレとはかけ離れた、なんとも素朴なものでした。

ビーチではしゃぐ子どもたちとは対照的に
ビーチ沿いのレストランでは
何十組もの老夫婦が
静かに白ワインとムール貝のランチを楽しんでいました。
ヨーロッパの庶民が集うリゾートを垣間見ることができ
面白い3時間でした。

09July.jpg

2010-08-22 : my class : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

フリッツ

ブルージュでは、ムール貝の白ワイン蒸しをはじめ
牛肉をビールで煮込んだ “カルボナード”
茹でたチキンかシーフードに
たっぷりの生クリームをかけた “ワ―テルゾーイ”
チコリ(アンディーブ)をハムで包んだグラタンなどの
郷土料理を食べてきました。

美食の国といわれるベルギーですが
食べた料理はどれも繊細な味付け。
肉料理以外にも
新鮮なシーフードや野菜を使ったメニューが豊富にあって
これまで食べてきた他のヨーロッパの料理に比べたら
断然美味しかったです。

ただ、前菜もメインも大皿にいっぱい盛られてくるし
パンのほか、大抵のメイン料理には
山盛りのフリッツ(フレンチフライorフライドポテト)が別皿で付くので
前菜とメインを2人それぞれ頼んだら多すぎてしまい
前菜をシェアして、メインを1皿ずつ頼んだり
前菜はパスして、メインとデザートを1人1皿ずつ頼んだりして
量を抑えていました。

食事中、周りのヨーロピアンの様子を窺っていましたが
彼らも前菜とメイン両方を食べるのは厳しいのか
ダイエットを意識しているのか
私たちと同様の注文の仕方をしていました。
でも、せっかく前菜を抜いたって
あんなにフリッツを食べたら何のダイエット効果もないのにな・・・。

フランスやアメリカが発祥と思われがちなフリッツは
実はベルギー生まれ。
ベルギーの人たちはフリッツをこよなく愛しているそうで
レストランでのフリッツはお代り自由みたいでした。

1039.jpg

2010-08-21 : my favorite : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

Ikuko NAKAMURA

Author:Ikuko NAKAMURA
* * * * *
東京・目黒区自由が丘と
世田谷区尾山台にて
小さなカービング教室
*Atelier Capricorne*
(アトリエ カプリコルヌ)を
主宰しています。
どうぞよろしく
お願いいたします。

* * * * *
フルーツ&ソープカービングの
レッスンにつきましては
ホームページをご覧下さい。
     ↓
*Atelier Capricorne*

* * * * *
ブログランキングに
参加しています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カービングへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソープカービングへ
にほんブログ村

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード